私はフランス・ニース地方に修行に行った際、そのレストランシェフのやり方にとても感銘を受けました。



ニース地方は広島に気候もよく似ています。そして野菜、魚の漁獲量はフランスで一番です。イタリアに近いこともあり、バターよりオイルが中心であることも特徴です。



リュニベルでは、新鮮な野菜と魚を中心とし、そのシェフのエスプリを伝える私なりのニース料理を提供しております。



野菜は出身地である東広島の自然農法のものや三原のハーブ、妻の実家の野菜など地元のものを中心に使用しております。


魚は瀬戸内には限定せず、国内でその時に一番いいものを信頼ある魚屋から仕入れております。



是非心と身体の喜ぶお食事を

お楽しみください。





今井   良